忍者ブログ
自動車がある生活の自動車をテーマにした日記です。自動車についてはいろいろ取上げていきます。例えば、自動車の購入では新車がいいか?中古車が良いか?自動車の乗換えならどんなことに注意する?愛車とのお別れは下取り?買取り?そのほか気ままにその時々の状況も加味しながら自由に自動車について書きます。自分にとって役立つ情報や気づきを書いていきますので、きっとお役立ち情報も見つかりますよ。ごゆっくりどうぞ。
 カレンダー 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 フリーエリア 
 最新CM 
 最新TB 
 プロフィール 
HN:
カー
性別:
非公開
 バーコード 
 ブログ内検索 
[211]  [210]  [209]  [208]  [207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【カーシェアリングとレンタカー】 クルマを借りて使うという意味ではカーシェアリングとレンタカーは似ています。でも、レンタカーは6時間以上や日単位で借りるのに対し、カーシェアリングは1時間未満の単位でも借りることができます。またレンタカーは不特定多数の人に貸し出す前提ですが、カーシェアリングは会員制が基本です。またカーシェアリングはレンタカーと違い無人のステーションからクルマを借りれます。


〔環境破壊とカーシェアリング〕 地球規模での環境破壊が問題になっています。カーシェアリングは環境にもいいといわれてますので無関係ではないですね。
カーシェアリングの普及が進めば、それだけ生産する自動車の台数が少なくて済みます。またマイカーと異なり小額ながら利用に応じて課金されるため、必要性の薄いクルマの利用も抑制されることになるでしょう。これによってCO2の削減が見込めます。カーシェアリングの期待度は案外大きいかもしれませんね。

〔カーシェアリングいろいろ再び〕  日本のカーシェアリングにも少なからず歴史があります。1999年頃から動き出した日本のカーシェアリングですがその後にも動きはいろいろ。
 例えば、2002年11月より経済産業省がホンダの協力を得てカーシェアリングを始めたり、京都のパブリックカーシステムやNPO法人の鳥取エコタウン2020、横浜市の汐見台団地でカーシェアリングなどなど。
 ちなみに日本で初の事業会社によるカーシェアリングは、オリックス自動車株式会社といわれてます。


【ヨーロッパとカーシェアリング】  カーシェアリングはヨーロッパ生まれの仕組みです。ヨーロッパでは土地の不足、コストが高い、環境の先進国であったのと、シェアという事に抵抗のない人々が多いこともありスムーズにカーシェアリングが取り入れられていきました。
 たとえばドイツでは230都市以上でカーシェアリングが利用できます。日本人はマイカー志向が強かったこともあり、少し時間がかかりそうですね。

〔突然の渋滞〕  いつもは何気なく通る道。朝の忙しい時間、突然の渋滞。そして警察の誘導でかなりの回り道。一体何が起こったのかはわからないまま、渋滞のロスと遠回りのロスにいらいらしました。
 後日、その渋滞の理由が、ひょんなことから分かりました。知人と話していると、最近目の前で事故を見たとか。話を聞くと、渋滞にいらいらしたときの場所と位置が一致。少しタイミングが違えば、その事故に巻き込まれるところだったそうで、身近な事故の話に怖いなぁと思ったのでした。

気になるページをピックアップするコーナー・・下取りが愛車にとってベストの選択とは限りません。中古車流通も多様化し、買取店は競争の時代です。高い愛車の査定とクルマの下取り。ネット生まれの無料一括査定があるから、査定比較が簡単。今時の常識です。.
アイシスの値引きと愛車査定のコツを。中古車買取りも競争の時代だから、ネット生まれの簡単比較で最高査定を見つけましょ。トヨタ・アイシス査定と値引きのコツ。値引きも基本は比較が大事。
PR

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]