忍者ブログ
自動車がある生活の自動車をテーマにした日記です。自動車についてはいろいろ取上げていきます。例えば、自動車の購入では新車がいいか?中古車が良いか?自動車の乗換えならどんなことに注意する?愛車とのお別れは下取り?買取り?そのほか気ままにその時々の状況も加味しながら自由に自動車について書きます。自分にとって役立つ情報や気づきを書いていきますので、きっとお役立ち情報も見つかりますよ。ごゆっくりどうぞ。
 カレンダー 
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 フリーエリア 
 最新CM 
 最新TB 
 プロフィール 
HN:
カー
性別:
非公開
 バーコード 
 ブログ内検索 
[204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ビジネスのカーシェアリング】 ビジネスとしてカーシェアリングを見たとき、まだまだ発展途上の段階といえるでしょう。カーシェアリングの事業準備としては「実施地域を選択」「使用者はどこのどういった人達で駐車場をどこに設定するのか(ビジネスモデルを設定)」「管理方法」「集客率の目標を設定し採算性を検討」「集客活動と参加者の意思を聞く」「集客した人の意見から案を具体化」「車種を決める」「料金を設定」という流れが基本でしょう。実行には時間もかかりますしリスクがとれて、なにより情熱があることが大事でしょうね。


〔カーシェアリングの料金〕 会員制のカーシェアリングで支払う料金は基本的に「入会金」「月会費」「利用料金」の3つです。車体費用、税金、保険料、燃料費、整備・メンテナンス費用などは全てこれらの3つの料金の中に含まれます。ですのであれこれ考えることなく、すごくシンプルにクルマを利用する事ができます。クルマを所有する場合とはかなり違いますね。

〔良いこといろいろカーシェアリング〕 カーシェアリングの良い面は、大きく2つの見方ができます。一つは利用者のメリット。自動車の利用頻度が少ない人にとってはかなりの節約になりますし、クルマの維持に関する煩わしいことなども省略できます。このメリットがなければカーシェアリングは普及しませんね。
そしてもう一つは、カーシェアリングが普及することで社会的な環境負荷の低減が図れること。つまりエコですね。


【カーシェアリングいろいろ再び】  日本のカーシェアリングにも少なからず歴史があります。1999年頃から動き出した日本のカーシェアリングですがその後にも動きはいろいろ。
 例えば、2002年11月より経済産業省がホンダの協力を得てカーシェアリングを始めたり、京都のパブリックカーシステムやNPO法人の鳥取エコタウン2020、横浜市の汐見台団地でカーシェアリングなどなど。
 ちなみに日本で初の事業会社によるカーシェアリングは、オリックス自動車株式会社といわれてます。

〔カーシェアリングで使われる自動車〕  カーシェアリングで使われる自動車は、レンタカーと同等に必要な書類を揃えて自家用自動車有償貸渡業で国土交通省へ申請します。
 普通の車などとの違いは、カーシェアリングは無人で貸し渡しになるので会員認証カードに関する装備品や走行距離、利用時間を算出する為の機械、それら情報をセンターへ送る為の通信装置などの設置が必要ということなど。元々会員が個人で使用していた車をカーシェアリング用に整備しなおして運営しているところもあるようですよ。

気になるページをピックアップするコーナー・・シンビジュームが大活躍。クリスマス、雛祭り、ピアノ発表会、端午の節句に5月人形と、床の間飾り、コサージュに、お茶道具と、・・・。シンビジュームを楽しむ。シンビジュームの活かし方、楽しみ方、お手入れ、シンビジュームの見極め方などなど。.
HIDを体感するともうハロゲンには戻れない。愛車のチューンナップ・ドレスアップにHIDバルブキットが人気です。HIDバル探し@ソアラ(トヨタ)でWEB限定の卸価格のHIDバルブをチェック.

PR

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]