忍者ブログ
自動車がある生活の自動車をテーマにした日記です。自動車についてはいろいろ取上げていきます。例えば、自動車の購入では新車がいいか?中古車が良いか?自動車の乗換えならどんなことに注意する?愛車とのお別れは下取り?買取り?そのほか気ままにその時々の状況も加味しながら自由に自動車について書きます。自分にとって役立つ情報や気づきを書いていきますので、きっとお役立ち情報も見つかりますよ。ごゆっくりどうぞ。
 カレンダー 
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 フリーエリア 
 最新CM 
 最新TB 
 プロフィール 
HN:
カー
性別:
非公開
 バーコード 
 ブログ内検索 
[203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【カーシェアリングの事例】 日本各地のカーシェアリングを少し紹介します。豊田市の小型電機自動車共同利用システム(1999年よりトヨタ自動車、電気自動車のITS技術を活用)。厚木のエコ・パークアンドライドプロジェクト(1999年から国土交通省の主導のもと、神奈川県の海老名市、藤沢市で実験を重ねた。厚木市にて事業化を図る。)。京都のパブリックカーシステム。などなど。


〔車の共有いろいろ〕 カーシェアリングとはクルマを共用するしくみですが、その共用にもいろいろな方法があります。例えばマンションや団地の集合住宅で共用する「マンションカー」、平日は企業や商店・休日は個人が利用する共用、昼と夜で利用者が違う共用、駅周辺を拠点にしたマルチステーションなどいろいいろです。

〔カーシェアリングの短所〕 たくさん自動車を乗る人ならマイカー、そうでなければ十分メリットのあるカーシェアリングの短所とはなんでしょうか。日本人は自動車に愛着を抱く傾向があります。ですので、自動車を単なる移動手段の一つとして割り切れない人も多いでしょう。
ですので経済的に不利と分かっていてもマイカーにこだわる人は多いです。つまりカーシェアリングの普及には日本人のクルマの共用に対する慣れがポイントになるでしょう。


【カーシェアリングいろいろ】  カーシェアリングはいろいろな主体がいろいろな目的のもとサービスを提供しています。その中でも早かった2つをピックアップします。
 1999年豊田市にて、電気自動車のITS技術を活用しながらカーシェアリングが行われました。トヨタ自動車によるものでした。さすがトヨタですね。早いです。
 また1999年国土交通省が主導した厚木のエコ・パークアンドライドプロジェクトもあります。

〔ヨーロッパとカーシェアリング〕  カーシェアリングはヨーロッパ生まれの仕組みです。ヨーロッパでは土地の不足、コストが高い、環境の先進国であったのと、シェアという事に抵抗のない人々が多いこともありスムーズにカーシェアリングが取り入れられていきました。
 たとえばドイツでは230都市以上でカーシェアリングが利用できます。日本人はマイカー志向が強かったこともあり、少し時間がかかりそうですね。

気になるページをピックアップするコーナー・・英語をやり直して英語力アップしたい。でも時間は忙しいし、費用も抑えたい。そんなニーズに応える英語学習法のお役立ち情報をどうぞ。英会話学習と英語教材。あなたの英語学習の成功のために。.
ラフェスタの新車と中古車、同じ予算なら中古車のほうがグレードや装備のアップなどおトクもいっぱい。ラフェスタの中古車選びお気に入りの車を簡単おトクに.

PR

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]