忍者ブログ
自動車がある生活の自動車をテーマにした日記です。自動車についてはいろいろ取上げていきます。例えば、自動車の購入では新車がいいか?中古車が良いか?自動車の乗換えならどんなことに注意する?愛車とのお別れは下取り?買取り?そのほか気ままにその時々の状況も加味しながら自由に自動車について書きます。自分にとって役立つ情報や気づきを書いていきますので、きっとお役立ち情報も見つかりますよ。ごゆっくりどうぞ。
 カレンダー 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 フリーエリア 
 最新CM 
 最新TB 
 プロフィール 
HN:
カー
性別:
非公開
 バーコード 
 ブログ内検索 
[195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【カーシェアリングのプチレンタ】 カーシェアリングのプチレンタはすごく便利なサービスです。このサービスなら車を所有せずに、使用するという感覚が実感できます。インターネットや携帯電話で24時間いつでも予約ができ、車の利用の際は直接近くの貸出のステーションへ行き、使用後は返却するだけ。ICカードの利用で個人の認証をするので、レンタカーのように毎回手続きする必要がありません。なれるとほぼマイカーのように利用できる便利なサービスです。利用頻度が少ない人にはおトクですし、環境にもいいですね。


〔カーシェアリングの意義〕 カーシェアリングの意義は利用者の節約とともに、社会的な視点で見た場合環境負荷の軽減に役立つという点があります。複数の人でクルマを共用することは、余計な車の生産を抑制する事ができます。1987年にスイスで始まったカーシェアリングは、2006年にはヨーロッパから世界18ヶ国で600都市、34万8千人まで利用が広がりました。

〔カーシェアリングの経緯〕 カーシェアリングの歴史は新しいです。カーシェアリングは1980年にスイスにて誕生しました。日本はかなり遅れて、1999年になって経済産業省が実証実験を始めました。そして2006年7月から規制が緩和されて無人管理により有償カーシェアリング事業ができるようになり、オリックスやマツダ、トヨタなどの大手企業が参加するようになりました。


【自動車の乗り方】 自動車の乗り方には幾つかの選択肢があります。まずはマイカーです。クルマを購入して乗る方法です。次にリース。数年後の買取り価格を設定して差額を支払うかたちですね。税金や整備費なども含むので面倒なことを考えなくていいのもうれしいです。さらにレンタカーとカーシェアリングです。これらはクルマを借りて載る方法ですが、カーシェアリングのほうが短時間での利用に適しています。自分の利用形態によって賢く選びたいクルマの乗り方です。

〔カーシェアリングいろいろ〕  カーシェアリングはいろいろな主体がいろいろな目的のもとサービスを提供しています。その中でも早かった2つをピックアップします。
 1999年豊田市にて、電気自動車のITS技術を活用しながらカーシェアリングが行われました。トヨタ自動車によるものでした。さすがトヨタですね。早いです。
 また1999年国土交通省が主導した厚木のエコ・パークアンドライドプロジェクトもあります。

中古車買取りで外してはいけないポイントが3つあります。従来のように下取り任せは損です。買取査定を簡単比較して愛車の最高額を引き出しましょう。中古車買取りの3ポイントとネイサ。中古車流通の拡大で海外にも輸出され人気のある日本の中古車です。価値観も多様化しており、査定比べも簡単というのなら、試してみないと損です。

PR

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]